家作りの第一歩はココから!

更に選ぶ

情報収集や物件の見学などを経て、更に知識を増やした後は、更に自分の求めている条件に当てはまるものに絞っていく事が出来るでしょう。

 

一生で最も大きな買い物となり得ますのであとから「イメージとちがっていた」と思ってもやり直しの利かない事もしばしばです。十分に情報収集を行い、それと自分の希望を照らし合わせて、十分に満足出来る段階にて契約という形が最良なのです。

 

数件の不動産会社に赴き、対応や考え方の違いなどをチェックするのも対策のひとつとなります。また、その不動産会社にて契約を行なった方に感想を聞くことが出来れば大きな参考となるのではないでしょうか。

 

また、不動産会社で説明を受けて中々難しいと感じるのであれば、自治体が実施している不動産相談などを用いることも出来ます。

 

また、物件をチェックする際には、クロスの縁や切れ、ドアや窓、クローゼット、収納の開閉やその際のずれ、水の流れや電源のオンオフ、排気や風の流れなどを一つ一つ細かく見ていくと良いでしょう。建物内をくまなく歩き、床から音がしないか、傷がついていないかなども調べ、許容範囲かどうかも慎重に考える必要があります。

 

重ねて外観や敷地内も状態をしっかりと確認しましょう。柵や生垣などが設置出来ない可能性や駐車スペースなどの問題も考える必要があります。日光の入り具合も時間帯によってことなりますので色んな時間帯に回ってみることをお奨めします。大雨や台風、地震等の天変地異も想定出来れば尚良いかと思われます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市