家作りの第一歩はココから!

建売住宅

日曜日には新聞の中に大量の折込チラシが含まれています。中には一戸建ての写真と共に「新築(分譲)」と記載されている物件をちらほら見かけるのではないでしょうか。これが、建売住宅と称されるものです。ですが建築中や建築工事へと着工する前、完成前であっても建売と呼ぶ場合があります。

 

基本的には地元の不動産を取り扱っている業者などが、事前に仕入れた土地を用い、そこに新築の住宅を建築し土地と一括りにして売る方法を指します。

 

注文住宅とは違い細かな拘りを持つ事は出来ません。ですが土地を探す必要もありませんし、既に建っている状態ですから仮住まい費用なども抑えられ、基本的に注文住宅よりも割安で買う事が出来るのです。

 

ですがここで注意したいのは、コストを抑えすぎる余り、見かけはよくても強度が劣ってしまう等、構造部分までを確認する事は出来ないという点です。また、値段は確かに安いものの性能は低くなってしまい、庭が確保出来ないケースや、隣家との距離も狭く窮屈に感じるといったケースもあるのです。

 

とは言うものの、昨今コストも抑えられるようになっており、地価も下落気味となっていますので顧客側のニーズの多様化や建築費の低下によって建売は現在急激に需要が伸びています。一戸建ての注文住宅で、と考えている人も、多少は建売やマンションを検討している、といった調査結果もあるようです。

 

建売を検討する際には、その物件や販売している業者が、一定上の性能を保証しているのかどうか(完成保証制度や住宅性能保証制度に登録しているかどうか)をしっかりとチェックしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市