家作りの第一歩はココから!

住宅ローンの概要

家を購入するには莫大な費用が掛ります。一般的なサラリーマンであればその購入費用を一括で支払うのは到底無理があるでしょう。そこで、持ち家を手にする為に利用される制度が住宅ローンなのです。

 

住宅ローンとは、自分や自分の家族が居住する為の住宅や土地を買う際に受けられる融資の事を指します。

 

新築または中古の物件を新しく購入する他、本来所有している住宅を増改築する為の費用についても受ける事が可能となっており、借り換えも行えますし、家を買う際に発生する諸費用全般にも適用する事が出来ます。

 

融資を受ける本人が居住する家、というのが原則とはなっていますが、家族が居住する為に用意する家や、セカンドハウスといったものにも適用可能な場合があり、その辺りは金融機関によって異なってきます。金利は低く抑えられており、返済期間は最大35年と長くなるのも特徴のひとつと言えるでしょう。

 

住宅ローンを利用する為の条件としては、成人している、または66歳以上でない事や、借入を終える時の年齢が85歳を下回っている事、前年度の税込年収が200万円以上となっている事、3年以上同じ勤務先で働いている事や、団体信用保険に加入が可能である事、保証会社の補償を受けられる事といったものが挙げられます。

 

年収については、基準がはっきりしていない金融機関も存在し、転職の回数なども近年は増えてきている関係で、勤続年数にこだわらないといった場合もあるのです。

 

平たく言うと、健康で、安定した仕事に就いており一定以上の収入がある、というものです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市