家作りの第一歩はココから!

賢く借り賢く返済する

住宅ローンというものは、借りる時も事前に調べたり審査を経たりと大変ですが、返済する方が大変であると言われています。返済をはじめ、完済するまでの期間が最長35年もあるのです。

 

返済する期間を長く設定しておくと、毎月の返済額を抑えることが出来ますし、それによって理想的なマイホームが現実のものとなります。ですが、返済期間を長く設定すれば、それに比例して様々な影響が発生します。

 

将来と言うのは何があるか解らないのです。収入増が期待出来ないところか減るかも知れません。家計の負担が増えるかも知れません。

 

最初に設定した金利の見直しをはじめ、借入金額の調整、返済期間の変更などはそのような先々の不安を払拭するための重要なポイントです。見直しと調整、そして変更。これらが住宅ローンを上手く返済していく際のカギとなることでしょう。

 

借り換えシミュレーションや、金利交渉などを行う事を検討してみるのも手段の一つとなります。借り換えについては別途記載するとして、金利交渉には準備が必要です。

 

まず住宅ローン以外に、公共料金などの取り扱い金融機関として通常利用していることや、金融機関の店頭金利、優遇金利などを調査しておくこと、そして収入減などが発生した際にはそれによって返済が厳しくなったという事を伝える、というものがあります。これによって交渉に応じて貰える可能性が出てくるのです。

 

これらは住宅ローンを組む前から入念な準備が必要となります。上手に見通し、常に用意をしていましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市