家作りの第一歩はココから!

繰り上げ返済

住宅ローンの元金を減らす方法で「繰り上げ返済」というものがあります。

 

これは、返済途中で残りの元金について一部または全て繰り上げて返済するというものであり、全てを繰り上げて返済というのはいわば完済にあたります。通常の繰り上げ返済というものは、一部のことを指す事が多いようです。

 

例を挙げます。30年で完済となる住宅ローンを組んであったとして、返済をはじめてから5年目に一部を繰り上げて返済します。更に、10年目に再び繰り上げ返済を実施します。

 

これを繰り返す事で、元金分が大きく減少するのです。結果として、返済期間を短縮(返済期間短縮型)できたり、毎月の返済額を減額(返済額減額型)出来たりするのです。

 

おすすめは期間を短縮させる方法です。トータルで見るのであれば、こちらのほうがより効果的に減らす事が可能となるからです。

 

いずれの方法も住宅ローン減税との関係が存在しています。どちらにせよ、繰り上げ返済をしない手はないという事なのです。中々難しい時期になってきていますが、目標として繰り上げ返済を念頭に置き、住宅ローンを組みましょう。

 

また、繰り上げ返済には手数料の発生する場合がありますが、手数料かからないものもありますので、自分で賢く選んでおくと良いでしょう。

 

注意しておきたい事は、繰り上げ返済には手持ちの現金を用いると言う事です。基本として余ったお金をあてるという形で利用するものと捉えましょう。準備次第では急な出費への対応が難しくなる場合がありますので気をる必要があるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市