家作りの第一歩はココから!

変動金利と固定金利

固定金利は、借入を行なった際に決められた金利が返済完了まで一定して反映、継続されるものです。返済金額に変動が無く、金利が低い時に借入を行い、その後金利が上がった時に得となります。金利上昇の危険性にも対応している強さがあるわけです。

 

一方変動金利は、市場の金利と連動しており、半年から1年などの決められた期間おきに金利を見直す、と言うものです。金利が低くなるのであれば固定金利よりも得となりますが、支払っている最中に金利が上がってしまうと返済額への反映があるために予定よりも返済額が上回る可能性も考えられます。

 

この両方を組み合わせた「固定期間選択型」と呼ばれるものも存在します。2年・5年・10年の期間は固定金利を適用、その後は変動金利へと変化する、という仕組みです。

 

返済が開始された数年間の間は金利が固定されているものの、変動金利になった時に金利が上がっていれば返済額の内訳で金利を占めている部分が増えてしまうリスクもあります。ケース次第では利息ばかりで元金が払えなくなるという場合があるようです。

 

こうして見てみると、固定金利の方がよさそうな印象も受けますが、それぞれにメリットとデメリットが存在していますので自分のライフスタイルを十分に検討し、将来設計も踏まえてじっくりと検討していくのが良いでしょう。

 

金利の種類には、上記2つの他に一定期間の金利を固定した後で固定か変動かを選択出来ることが可能な固定期間選択金利というものが存在します。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市