家作りの第一歩はココから!

太陽光発電システム補助

正確な名称は、「住宅用太陽光発電導入支援大作補助事業」というものです。

 

住宅向けの太陽光発電システムの設置を行い、電力会社と電灯契約を締結する家庭に対し、一定の金額の補助が得られるというシステムです。国のみならず居住区域の地方公共団体独自による補助金制度との併用も可能で、現在注目を浴びています。

 

平成23年度を例に挙げますと、補助金は1Kwあたり4.8万円。上限は60万円と設定されているようです。

 

太陽光発電はお金が掛かりますが、自家発電が可能となり、もし電力が余ったのであればそれを電力会社に売却することが出来るのです。

 

注意したいのは、この制度の対象となるには「補助金申し込みの受理決定前」の段階で着工していないと言う事ですので気をつけましょう。

 

まずは申し込みとなります。「補助金申込書」の1回目の提出を行い、その後「補助金申込受理決定通知書」が送られます。これを受け取った後に工事の着工となり、電力の受給が始まります。ここで2回目の書類提出があります。「補助金交付申請書(兼完了報告書)」の提出を行い、「補助金交付決定通知書」を受け取るのです。

 

太陽光発電は余剰分を売る事が出来るので将来を見通すのであれば、この制度を利用して安く家を購入し、その後も定期的な収入を得る事が出来るのでおすすめと言えます。

 

また、停電等が起きて電力会社からの電力の供給がストップしても、自家発電により蓄積した電力でしばらく凌ぐといった事も可能です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市