家作りの第一歩はココから!

建て直しは慎重に

リフォームも建て直しであれば家を買うのとほぼ同等の費用になります。

 

持ち家の老朽化により急遽家を建て直す必要が出てきたとしても、費用を節約しすぎないように注意すべきです。

 

また、設計者や作業者を用いる点においても、その設計者により建てられた家を訪ねてみる、その家に住んでいる人に住み心地を訪ねてみるなど、十分な事前調査を怠らないようにすべきかも知れません。住み心地は設計者により決まりますし、家は、建てられた後ではあらゆる調整が困難であるからです。

 

また、ちょっと変だなと思った部分については妥協せず何度でも相談して調整すると良いでしょう。何より自分の家にて用いられる部品や家具のひとつひとつも、自分の目で確かめ、日常生活において機能するかどうかを十分に吟味する時間を持ちましょう。

 

最初に決めたからといって、全て任せて放っておくのは危険です。その家に住むのは設計者でもありませんし、作業をした人でもありません。頼んだ私たちが満足出来なければならないのです。

 

建付がおかしかったりするならば、はじめは気にならないとしても何十年と住んでいるうちに引き戸が動かなくなったりするかも知れませんし、どこかしらズレが生じて、窓の鍵がかけられなくなったりする等の防犯上致命的な不具合が出てくる危惧も否めません。

 

建て直しも一生ものです。ちょっと気にしすぎるのではないか、と言う位でも良いのです。後悔のないようしっかりと気を配りましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市