家作りの第一歩はココから!

申し込む際の注意

申し込む事は、その物件を買いますという意思表示であり、実際の売買契約とは別とされています。

 

基本として、申し込みは書面(購入申込書または買付証明書と称されます)にて実施されます。書面と同時に申込金(買付証拠金と称される場合もあります)という費用が発生する場合もあります。稀に高額な申込金を要求してくるケースといったものもあるので十分注意が必要です。

 

申し込む時に気をつけたいのは、物件を見たその日に相手が申し込みを迫るという事があるようです。当日中でなくとも2〜3日以内にこの申し込みと取り付けたいといった交渉もあります。

 

ですが相手が迫ってきたとしても、当日中に申し込みを行うのは契約同様避けるべきことと言えます。申し込みから契約までの期間は最低でも1週間は空けた方が良いとされています。冷静に物件を分析し、調査する必要があるのです。あとから判明する事実もあるためです。

 

また、「仮契約」と言うものを取り付けようとする業者もあります。ここでも気をつけるべきは。仮契約というものが、住宅の売買において存在しないという事実です。単なる購入申し込みであるのか、それとも売買契約となるのかは明確にすべき部分でしょう。

 

知らずに応じてしまい金銭を支払った後に、返金できないといったトラブルも考えられます。

 

また、購入申し込みは契約ではない為、法的な部分においての拘束力というものは存在しません。撤回することで返金を促す事が可能です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市