家作りの第一歩はココから!

売買契約で気をつけたい事

売買契約の段階で気をつけたい事とはどのようなものでしょうか。

 

まずは家を購入する際に取り交わす契約書や重要事項説明書などは、一般的には把握し理解する事が容易でない事ばかりでしょう。ですから、何日も時間をじっくりと掛け、全ての項目に目を通し、しっかりと把握する事が大切です。

 

書類を提示したその日に記名や押印を促す業者も存在するようですが、毅然とした態度で断りましょう。後でクレームをつけたくなったとしても、その記名押印が決定的となり泣き寝入りする場合もあるかも知れません。

 

少しでも納得出来ない箇所があれば、しっかりと確認を行い、問題が発生した折には修正をしてもらいます。対応がしっかり行われない限り契約をしないという意向を予め伝えておくのも良いかも知れません。

 

また、契約当日にしか見てはならない、という決まりもありませんので事前に書類を請求し内容をしっかりと確認するといった方法も取る事ができます。

 

全て大切な項目ではありますが、備考欄や特記事項などに何が書かれているのかも注意する必要があります。中には買主にとって都合の悪い情報が含まれている場合もある為です。

 

また、契約書などに記載されていない内容を口頭で約束するのは危険です。どのような小さな約束事であっても、書面に記載して貰い残すように促すべきです。

 

併せて、発生する諸費用もしっかりと確認を行い、疑問に感じたものに関しては積極的に調べるなどすることをおすすめします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市