家作りの第一歩はココから!

中古か新築か

中古住宅を購入しリフォームをするのと新たに新築を建てるのでは費用の部分だけ考えれば中古住宅をリフォームするといった選択肢を選びがちですが、それでは、どちらがよりお得なのかと言う部分についてはどうなのでしょうか。

 

昨今は、マイホームを探すにあたり中古の物件を探す方が圧倒的に多いと言われています。敷地面積や立地条件、間取り等、新築物件と比べるならば安くあがるというのがメリットとして大きいようです。

 

リフォームの技術は日々飛躍を遂げており、中古を購入してリフォームを実施すると、新築とほぼ同じような状態に出来るといったセールストークも見られるようになりました。ですがリフォームは万能ではありません。場合によりけりですが新築より高くついてしまうリスクもあるのです。

 

新築のメリットは何でしょうか。まずは自分の好きなように間取りなどを考えられます。そして、土地や敷地を生かした住まいを建てる事も可能になるでしょう。

 

ですがデメリットは無論リフォームよりも割高になるという事。また、建て替えの際には様々な費用が出てくると言う事。何より図面だけですので、実際に建つまではイメージがうまく出来ないという部分です。

 

一方中古は新築より格段に安く済む事が大きなメリットであり、物件が存在している状態なので検討が容易である事などが挙げられます。

 

ですが老朽化が進んでいると追加費用が発生してしまったり、構造や間取りの大きい変更というのが難しい事などが挙げられます。それぞれのメリットとデメリットを把握し自分のライフスタイルに合った物件を選びましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市