家作りの第一歩はココから!

費用を考える

家を購入するにあたり、掛かる費用というものはどのようなもので、どれ位掛かるのかは気になるところです。一生に影響するといっても過言ではないマイホームの購入ですので、しっかりと予算を考え、資金計画を立てたいところではないでしょうか。

 

まず考えるのが頭金ですが、貯蓄額が少ないと気にする必要はありません。住宅ローンには多種多様の形式が存在するのです。ここで大事なのは比較検討となります。自分に合った条件のものを選択するのであれば、家を買うという目標がより現実味を帯びるものとなるに違いありません。

 

家を購入するにあたって発生する費用は確かに膨大です。

 

例えばマンションであれば中古を買うならばまず仲介料(本体価格の3%程度)が掛かります。

 

そしてローン手数料、印紙などの税金、生命保険も必要です。更に有事の為に必要であれば火災保険や家財保険があります。近頃は地震等に適用が可能な災害系の保険も挙げられます。

 

また登記費用や、引越しに掛かる代金、家具の代金などが考えられます。

 

その他に修繕積立金というものがあります。これは新築ですと30万程度必要になると言われています。

 

また、不動産の取得税につきましては減免措置ですと格安になるようです。そして翌年以降に固定資産税が発生します。

 

そして一戸建ても同様ですが先々ずっと暮らすのであれば、メンテナンスやリフォームなども必要になってくるので、そういった費用も考える必要があります。

 

大きな買い物だけに様々な費用があるというわけです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市