家作りの第一歩はココから!

居住地域を絞る

家を建てる、または買う時にはその敷地の広さや間取り、家自体に注目がいってしまいますが、どこに住むのかはそれぞれのライフスタイルや日常生活に多大な影響を及ぼすため非常に重要です。

 

子供が通う地元の学校や、自分自身が通う勤務先、家が建つ場所の周辺のショッピング環境はどうなのか、また有事の際には病院などに行く必要も出てきます。近所にどのような人が住んでいるのか、万が一災害が起きた時には?など日常をより快適に過ごす為にチェックしておきたいポイントが様々あることでしょう。

 

商業施設や交通機関、学校及び病院などの周辺の物理的条件においては、比較的容易に調べる事が出来ます。現在はインターネットの普及が顕著であり、地図のサービスや町周辺の情報サイトを用いれば居住区域の周辺環境を事前に調査する事が可能となるでしょう。

 

ただし、居住区域の環境、地盤等については個人で調べるには限界があります。法律的な部分においても同様です。具体的に挙げますと、地区計画をはじめ、市街化区域または市街化調整区域について、建ぺい率や容積率(希望する大きさの家が建築不可となる事も)、斜線制限(高さ制限。通風や採光を確保する目的のもの)などが考えられます。

 

上記の事から、個人で調査する限界の先についてはより豊富な経験と知識を持った工務店や建築事務所を探してみることをおすすめします。住宅を購入する前に居住環境や住宅そのものを調査してくれるサービスといったものもあるようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市