家作りの第一歩はココから!

そもそも購入すべきか

言うまでもなく、家を買うにはお金がかかります。しかも、その額は間違いなくあなたの人生史上最高額になる事でしょう。さらに、家は買ったあとでも維持・管理のためにお金がかかります。購入時にはほとんど例外無く住宅ローンを利用するでしょうから、その返済も場合によっては30年以上続きます。

 

想像しただけでもため息が出そうになりますが、そう考えれば、若いうちからマイホームをいつ買うかを考えた上で、早めに準備に取りかかる事が重要であるとわかると思います。

 

人生は長いもの。そして、結婚・子育て・老後といった、これから先の事もしっかり見据えて、買い時がいつなのかをしっかり見極める必要があります。

 

さて、マイホームの購入をうっすらと意識した時、最初のそして永遠のテーマは「賃貸のままか、それとも買うか」なのではないでしょうか。これは、今のあなたのライフスタイルや今後の人生設計によって大きく変わってくるものです。場合によっては敢えて家を購入しないという選択の方が正しい時もあります。

 

まずは、それぞれのメリットとデメリットを比較して、今後の自分(家族も含め)の将来を良く考えて住まい方を選択すると良いでしょう。

 

また、今住んでいる家を売却して、新しい家に住むという「買い替え」についても考えてみましょう。

 

この場合最初に考えるのは売却予想額と住宅ローンの残高を調べます。なぜなら、住宅ローンを完済した上で手元に残ったお金が、新しい家の購入資金になるからです。

 

購入資金は貯蓄額と、家の売却額から住宅ローンを引いたものが原資となります。これに、新たに住宅ローンを利用する事で、新しい家の購入資金を補填すれば、より大きな選択肢を得る事ができるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市