家作りの第一歩はココから!

新築一戸建ての購入

次は新築一戸建てを購入する流れです。新築の一戸建ては、売主が不動産会社から直接購入するケースと、売主との間に仲介業者が入るケースがあります。仲介業者が間に入る場合は、疑問点は全て仲介業者が売主に聞く事になっていますので、気になる点は業者の営業マンに遠慮なく聞くようにしましょう。この時、営業マンが誠意のある対応をしてくれていないと感じた時は、購入を考え直した方が良いでしょう。

 

収集した情報を元に、新築マンションの時と同様に、現地見学は最低でも二回は行った方が良いでしょう。一回目は分からない事を担当者に聞いて、十分納得するまで説明を受けましょう。二回目は周辺環境などを良く確認しましょう。

 

見学の結果、購入を決めたら申し込みを行います。その際、手付金などの条件面の話し合いを不動産会社と行います。仲介物件の場合は、仲介業者に要望を伝え、売主との調整をしてもらいます。

 

物件によっては、申し込みの際に申し込み証拠金を預ける必要がある場合があります。これは本契約の時に手付金に充当され、契約前にキャンセルする場合は払い戻されます。

 

申し込みが終わると、「重要事項説明書」が発行されるので、よく内容を確認し、分からない点や納得できない点は担当者に質問しましょう。十分に納得、理解した上で説明書に署名・捺印します。

 

いよいよ契約です。手付金を支払い、契約書に署名・捺印します。これ以降はキャンセルしても手付金は戻ってきません。

 

建物が完成したら、実際に現地へ行って内装や間取りに間違いが無いか確認します。その際、キズや不具合が無いかもあわせてチェックしておきましょう。問題があれば不動産会社に連絡し、修復してもらいましょう。その後、確認して直っていれば確認書に署名・捺印します。契約時点で完成している物件や、仲介業者が間に入っている場合でも内覧できるか確認しておきましょう。これらが終了すると、晴れて引き渡しとなります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市