家作りの第一歩はココから!

中古住宅の購入

最後に中古物件の購入です。中古物件の場合、売主は個人である場合が多いです。そのため、売主と買主の間に仲介業者が入り、双方の意見の調整や契約、引き渡しまでの処理を行うのが一般的です。また、中古であるがゆえにあちこちにいたみがある物件も少なくないため、リフォームは必須です。そのため、スムーズに入居するためのスケジューリングも重要になってきます。

 

中古物件の場合でも、現地の見学はやはり二回行っておきましょう。目的は同じです。一回目は物件自体の確認。この時リフォームが必要だと思う箇所もあわせてチェックしておきましょう。二回目は周辺の住環境の確認です。

 

それらが終了すると、仲介業者を通して購入を申し込みます。この際、売主との条件面での折衝があります。あなたが直接売主とやりとりをするのではなく、仲介業者があなたの要望を売主に伝えます。この際、条件が折り合わない時は断られる事もあります。

 

条件の折り合いがついたなら、ここでも登場します。「重要事項説明書」です。内容を良く確認して、分からない点や納得できない点は何度でも遠慮なく質問しましょう。

 

重要事項説明書に署名・捺印したら、いよいよ契約を結ぶ時がやってきます。売主に手付金を支払い、契約書をよく確認して署名・捺印します。他のケースと同様、これ以降のキャンセルで手付金が戻ってくる事はありません。

 

いよいよ引き渡しです。頭金の残額と購入諸費用を支払って引き渡しを受けます。リフォームの必要がある場合は、リフォーム業者数社の担当者に現地に来てもらい、見積りを出してもらいます。見積り書を比較検討して業者を決めて、リフォーム工事を行います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市