家作りの第一歩はココから!

住宅ローン

さて、購入すべき家を選んだら、物件選びと同じ情熱を持ってローンも選ばなければならないでしょう。というのも、ローン一つでかかる諸経費が違うほか、将来のライフプランにも様々な影響をあたえるからです。

 

まずは、金利の違いを良く知っておきましょう。金利は大きくわけて、全期間を固定の金利が決定しているタイプと、変動するタイプ、金利を固定する期間を選択できるタイプの3つに分かれます。

 

固定金利の場合、当初の金利が高い傾向にありますが、返済終了まで金利が同じため、返済の計画が比較的立てやすい利点があります。

 

変動するタイプは、半年に一度金利を見直します。ただし、返済額の見直しは5年に一度行われ、最大の上昇幅は25%と決まっています。

 

固定金利の期間を選択できるタイプは、金融機関にもよりますが、概ね2年、5年、10年、20年といった定めの中から固定する期間を選択できます。例えば、お子さんの将来の教育費を考えて固定する期間を定めるような利用の仕方ができます。

 

住宅ローンは大きく分けて「フラット35」「民間ローン」「公的融資」の3種類に分けられます。金利はそれぞれ、全期間固定、変動型・固定期間選択型から選択、5年固定型です。ただし、公的融資の場合、勤務先や自治体によって金利の決定に違いがありますので、詳しくは問い合わせてみましょう。

 

住宅ローンは基本的に、引き渡しを受けた時点での金利が適用されます。今現在の金利が適用されるわけではないので注意しましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市