家作りの第一歩はココから!

重要事項や契約時のチェックポイント:新築一戸建て

それでは、新築の一戸建て物件を購入する場合の重要事項説明書を見てみましょう。まずは、物件の表示です。売買の対象となる物件の所在地や面積に誤りが無いかを確認します。次に登記簿の内容です。土地や建物の所有者や権利について確認しましょう。法令上の制限事項も重要です。例えば、住居を建設しても問題の無い地域か、将来的の増改築の可能性、その時の建物の高さや広さに制限は無いかを確認しましょう。

 

敷地の周辺環境によって変わる項目としては、道路の幅や道路と敷地が接する面についての記載と、その道路が私道だった場合の負担金の有無があります。私道だった場合、その道路が「道路位置指定」を受けているかを確認しましょう。受けていない場合は建て替えなどができません。

 

実際に住む段になって重要などは、水道やガスなどのライフラインの整備状況と、完成時の形状および構造についての記述となります。

 

上下水の負担金の額や、排水に公共下水道が利用できない場合の処理方法や負担金額について、土地の傾斜や建物の構造図面のチェック、内装についての項目などにも目を通しておきましょう。

 

契約についてのチェックポイントは手付金、契約の解除、契約不履行時の違約金、ローン特約、購入諸費用や物件に瑕があった場合の対応について書かれています。これらをすべて確認し、承認事項について問題がなければ重要事項説明書の確認は問題ないでしょう。

 

あとは、契約書にある契約条項です。重要事項説明書での項目の確認、売買面積や危険負担、引き渡し後に欠陥が見つかった場合の対処、共有持分の管理やアフターサービスの有無、アフターサービスがある場合はその規約内容、引き渡しまでの約束事などが細々と書かれています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市