家作りの第一歩はココから!

重要事項や契約時のチェックポイント:中古住宅

では、最後に中古物件の購入時における重要事項説明書と契約書のチェックポイントです。

 

重要事項説明書については、これまで説明してきた点とほぼ同じですが、一番気をつけなければならないのは、登記簿についての記載事項です。購入する住居の所有者と売主が同じかどうかを確認しましょう。中古物件の場合、往々にしてこの部分が違う人物だったりします。その場合、どのようにやりとりをするかを、不動産会社や仲介業者の担当者と良く話しておかなければ、後々面倒な事になりかねません。また、もしその住居に抵当権が発生している場合、引き渡しまでにはずされるかどうかを良く確認しましょう。そうしなければ、最悪の場合前の持ち主の借金をあなたが肩代わりするハメになりかねません。

 

重要事項説明書には、この他にも手付金の金額やその保全措置、契約の解除、不履行時の違約金、ローン特約について記載されています。すべて目を通してあと「承認事項」をしっかり確認しておきましょう。

 

ここに記載されている項目は、すべて購入前に購入者が了解しておかなければならない事項です。この項目の見落としは、後日のトラブルや後悔の元になってしまうので、必ず確認し、不明点は担当者に納得いくまで説明してもらいましょう。

 

契約書で確認すべき点は、まずは物件の表示です。所在地や面積、建物の構造や共用施設について、重要事項説明書と違いが無いかを確認します。次に、代金と支払方法について、事前の打ち合わせ通りかを確認しましょう。

 

物件が土地つきの場合、登記簿面積と占有面積についての違いがきちんと掲載されているか、引き渡し前の災害などで建物が破損した場合や、引き渡し後に発覚した欠陥があった場合の修繕費用の記載、共用部分の管理についての記載や、引き渡しまでの約束事や税金についての記述もあります。目を通しておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市