家作りの第一歩はココから!

先にやっておく事

新居の引き渡しを受けたら、いよいよ引越しです。しかし、引越しの準備というのはとにかく時間がかかるものです。そこで、引越しの少なくとも一月前までにしておく事、あるいは始めておく事を確認しておきましょう。

 

まずは新居の掃除などの手配です。特に中古物件だと、リフォームやクリーニングを行う時期を速めに決めて依頼しておきましょう。

 

今の住居が賃貸住宅の場合、退去の連絡を貸主にしなければなりません。通常一ヶ月前くらいに連絡しておくのが一般的です。

 

次に引越の日取りを決めます。新築マンションの場合、入居説明会で決め場合がほとんどですが、そうでない場合は不動産会社と調整しましょう。

 

引越し会社の決定は、複数の会社に見積りをもらって決定します。価格だけでなく、作業の丁寧さやその他のサービスなども良く見ておきましょう。

 

粗大ゴミの手配や新居で使用する家具の手配なども、この時期からやっておくとよいでしょう。

 

電話の移転手続きも必要です。電話会社に氏名、新住所、引越しの予定日を連絡しておきましょう。

 

お子さんが児童・生徒の場合は、転校の手続きもしておかねばなりません。学校に連絡して在学証明、教科書受給証明書をもらいましょう。次に、新しい住所の役場に連絡して、転入手続きを確認しましょう。

 

引越しで一番大変なのは荷造りだと思います。これも、普段からそんなに使わないもの、引越しまでに使う可能性の低いものから順番に、毎日少しずつ荷造りして行くと良いでしょう。そうすれば、いざ引越し当日の荷造りや荷物の運び出しがスムーズに行えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市