家作りの第一歩はココから!

前日までにやっておく事

次に、おおむね二週間前〜前日までに行っておくべき事を確認しましょう。

 

何といっても重要なのは転出届です。現在住んでいる地域の役場で転出証明書をもらいましょう。受付は転出する予定の日の14日前から受け付けています。急ぐ必要はありませんが、こうした手続きはえてして忘れがちなので、早いにこした事はありません。

 

次に、ライフラインなどの転居届けです。水道、電気、ガスに加えて、郵便局にも引越し予定日を連絡して、今後の手続きについて聞いておきましょう。ライフラインの移転手続きは新居での生活には欠かせませんし、郵便局への届けを怠ると、あなたに届く郵便物があなたの旧居に届いてしまい、新しい住人を困惑させるばかりか、最悪の場合プライバシーが他人に漏れてしまう事になりかねません。

 

手続き関係が一通り終了したら、現住居の整理を行います。荷造りを少しずつ続けながら、食料品も整理しましょう。保存の効くものはひとまず置いておいて、痛みやすいものから処分(食べて)していきましょう。荷物が増える結果になるので、できれば前日までに全て処分しておいた方が良いでしょう。

 

賃貸住宅にお住まいだった方は、敷金の清算も欠かせません。また、鍵の返却も忘れないようにしておきましょう。ここまで終了すれば、いよいよ明日は引越しです。荷物の運び出しで騒々しくする可能性があるので、近所への説明と挨拶も忘れずに行っておきましょう。もちろん、新居の近所へも同じく挨拶を済ませておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市