家作りの第一歩はココから!

引越し後にやるべき事

さて、いよいよ引越しが終了したのですが、荷解きの他にも引越し以降にやらねばならない事があります。

 

まずは転入届の提出と印鑑登録です。転出証明書と印鑑を持って、役場へ行って手続きをします。その際、自治体関係の手続きや届けは全て済ませてしまうのが効率的です。

 

お子さんが就学している場合は、転校手続きも必要になります。転入する学校を管轄する教育委員会に、学校指定書を持参します。これは、前に通っていた学校の在学証明書と、新しい住居の住民票を持参して、教育委員会に発行してもらいます。

 

自動車をお持ちの場合は、自動車の転出の手続きも必要になります。まずは、所轄の警察や運転免許試験場で住所変更の手続きを行います。次に、新しい住居を管轄する陸運支局に変更登録を申請します。最後に、所轄の警察署に書庫証明を提出します。これで晴れて自動車の引越しも終了したという事になります。

 

不動産の登記が終了すると権利証が送付されます。これは、引き渡しの前後に送付予定が示されるので、予定より遅れているようなら不動産会社に確認しましょう。

 

不動産を取得したという事で、不動産取得税を申請しなければなりません。新居の都道府県税事務所に問い合わせて、早めに確認しておきましょう。

 

最後に確定申告です。新居の購入に際して、親からの支援を受けたり、ローンを組んだりした人はローン控除を受ける事もできるので、申告の期間内に申告するようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市