家作りの第一歩はココから!

今買う

さて、賃貸と購入のそれぞれのメリット・デメリットを比較して、検討した結果購入しようと決めたら、次に考えるのは購入する時期です。決めたらすぐに購入したい人もいれば、もう少し先に購入しようと思う人もいる事でしょう。そこで、早く買うべき人と、買うのを待ったほうがいい人とはどのようなものかを考えてみる事にしましょう。

 

まず、初めて家を買う人は、家を購入する予定の日までの間に支払う家賃を考えてみましょう。例えば、家賃の年間の支払いが60万円だった場合、5年間払い続ければ300万円という事になります。家の購入を早めれば、その分家賃の負担は少なくなるわけですから、長い目で見れば得をする可能性があります。計算してみて、住宅ローンの支払いの月額が、月々の家賃を下回るような場合も早めに購入した方が良いでしょう。

 

次に、今の自分の年齢の事も考慮に入れる必要があります。住宅ローンの返済期間は、最高35年というのが一般的です。そのため、あなたの年齢によっては定年退職した後も住宅ローンの返済が続くかもしれません。老後の心配に加えて住宅ローンの支払いの心配もしなければならないとあっては、今後の人生が明るいものになるとは思えません。早めに買っておけば、退職後の負担をより小さくする事もできるのです。

 

さらに、住宅ローンの返済額は、返済期間が長ければ長いほど安くなります。先ほどの例のように、定年退職の前にローンを終わらせたい場合、若いうちに買う方が返済期間を長くできるので、月々の返済額を小さくする事も可能です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市