家作りの第一歩はココから!

資産の準備のタイミング

家を買うときには、どのタイミングでどれだけの現金が必要なのかを把握しなければなりません。というのも、家を買うには、大雑把に購入申し込み、購入契約、ローン契約、引き渡しといった手続きを踏む必要があり、それぞれに必要な費用を支払わなければならないからです。例えば、4000万円の物件を購入する場合のケースを見てみましょう。

 

まず、購入申し込みの時に頭金の一部を支払う必要があります。これは新築マンションの購入時だけで、中古マンションや一戸建ての場合は、基本的には必要ありません。次に購入契約の時に頭金と購入諸費用を払います。4,000万円の物件ですので、頭金として400万円を支払い、仲介手数料などの費用を支払います。この際、新築マンションの購入や、中古マンション・一戸建ての購入の際に売主から直接購入する場合は費用が安くなります。

 

購入契約が済んだら、次はローンの契約になります。そして、これらの契約が終了したら、引き渡し時に手続きの費用を支払う事になります。

 

ローンを35年契約で結んだ場合、おおまかに計算して、新築マンションの場合は約480万円、中古マンションの場合は590万円、一戸建ての場合は640万円くらいです。

 

購入した後は税金、マンションの場合は管理費用などが毎月かかってきます。家を購入した後にかかる費用は、おおよそ30年で700〜1,000万円かかると言われています。建物の材質などにもよりますが、長期的に考えればメンテナンスに必要なお金を貯蓄する事も考えておかねばなりません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市