家作りの第一歩はココから!

買う時にかかるお金

今度は、買う時にかかるお金と、買った後にかかるお金を具体的に見ていきましょう。まずは、買う時にかかるお金です。

 

購入申し込み(新築マンションのみ)の時に、申し込み証拠金として、頭金の一部を支払います。金額はまちまちで、物件によっては不要な場合もあります。

 

購入契約時には手付金(頭金)と、契約印紙税、仲介手数料が必要になります。手付金は価格の1/10の金額、印紙税はおよせ1万5,000円です。仲介手数料は売主と買主の間に仲介業者(不動産会社など)が入った場合の手数料です。金額はおおよそですが、購入費用の3%+6万円+消費税です。前出の4,000万円の物件の場合、67万7,000円です。新築マンションの場合は売主が不動産会社の場合が多いので、この仲介手数料は不要です。ローン契約の時は印紙税が2万円かかります。

 

引き渡しの時は、ローン借入れ費用、不動産登記費用、不動産所有にかかる税金を支払う必要があります。これに、新築マンションの場合は修繕積立基金を支払う場合があります。

 

ローン借入れ費用は保証料や事務手数料などのです。保証料の支払い方法によって金額は異なってきます。不動産登記費用は登記における税金と、行政書士への報酬です。金額は物件によって異なります。不動産所有にかかる税金は、引き渡し日を基準に、日割で税金を生産して払います。

 

修繕積立基金は、将来の修繕への備えとして、マンションの管理組合に預けるお金です。おおむね30万円程度です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市