家作りの第一歩はココから!

金利タイプ

住宅ローンには金利というものがあり、主に3つのタイプに分かれます。変動金利、一定期間固定金利、全期間固定金利があります。

 

まず変動金利は、日本銀行が政策する金利の変動に連動して金利が変わるものです。短期プライムレートが基準となっており、返済額は年2回、5年に1回見直します。金利が上昇したとしても、前回返済額の1.25倍が上限と決められています。金利が大幅にアップし毎月の利息が返済額を超えた場合は、超えた分の利息を繰り延べられる事となり、それを未払い利息と言います。この未払い利息は、金利上昇時の前回返済額1.25倍を上回った場合でも支払わなくてもよいという訳ではないので、注意が必要です。

 

次に一定期間固定金利は、3年、5年、10年といった一定期間の金利が固定され、固定の期間が終了するとその時点からの金利を選択出来るものです。金利が固定される期間は返済額が一定ですが、期間終了後の金利によって返済額は変わります。変動金利の様に返済額に上限がある訳ではないので、選択する金利によっては返済額が急激に増える可能性があります。

 

全期間固定金利の場合は、金利が借入時から完済まで固定されます。よって返済額も借入時から完済まで固定されます。返済計画が立てやすく、低金利から金利が上昇する場合は有利なものですが、変動金利や一定期間金利と比べると適用される金利は高くなるので、その分返済額が多くなります。

 

また金融機関で設定している優遇金利というものもあります。これには当初一定期間優遇タイプと全期間優遇タイプの2つがあります。

 

当初一定期間優遇タイプは借入の当初から一定の期間に、基準である金利から1.5パーセント以上優遇するといったものです。当初から3年、5年といった具合に優遇パーセンテージが上がっていく仕組みで、その後は完済まで基準金利から優遇します。

 

全期間優遇タイプの場合は、借入の当初から完済までの全期間、基準金利から0.7〜1.2パーセント優遇するといったものです。金利が1パーセント上昇しても適用金利が一定になる仕組みで、基準金利から優遇金利があれば運用金利が算出出来ます。

 

こういった優遇金利には条件付きの場合が多いので、条件を満たす事が出来るか確認が必要です。

 

いずれの金利を選ぶにも金利の変化などで返済額が変わってくるため、家計が対応出来るかが重要でしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市