家作りの第一歩はココから!

金利の比較

3つの金利タイプがありますが、それぞれのメリット・デメリットはあるのでしょうか。

 

まず変動金利の場合は、金利が上昇しても5年間は返済額が変わらない事と返済額の見直しにも前回の返済額の1.25倍が上限である事がメリットとして挙げられます。また全期間固定金利より金利が低い事や優遇金利がある事もメリットとなっています。

 

反対にデメリットとして、毎月の返済額より利息分が多くなると未払利息が発生する事が挙げられます。

 

一定期間固定金利の場合、変動金利同様、返済額の見直しに前回の返済額の1.25倍が上限となっている事や全期間固定金利より金利は低い事、優遇金利がある事がメリットとして挙げられます。

 

デメリットは、一定期間を終了した後に金利が上昇した際の返済額の増加額に上限がない事、また一定期間終了後返済額が未定な為、返済計画が立てづらいといった事が挙げられます。

 

この変動金利と一定期間固定金利は、金利が上昇しても返済に問題ないと判断した人や金利が上昇した場合の返済額を把握している人などに多く選ばれています。

 

全期間固定金利の場合のメリットは、借入から完済まで金利が変わらず返済額が一定である事から返済計画を立てやすい事が挙げられます。また金利が上昇しても変動金利や一定期間固定金利より返済の負担が小さい事もメリットです。

 

デメリットは変動金利や一定期間固定金利より金利が高い事、金利が上昇しない場合、変動金利や一定期間固定金利より返済する負担が大きい事が挙げられます。

 

この全期間固定金利は、金利の上昇が心配な人や返済額が変動金利や一定期間金利より多くても、金利が上昇した際に対応が難しい人に選ばれています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市