家作りの第一歩はココから!

金融機関の絞り込み

住宅ローンの金利タイプを決めたら、次は金融機関によってどのくらい金利が違うのか比較をしてみましょう。

 

都市銀行を例に変動、3年、5年、10年の各固定、全期間固定で挙げていきます。

 

まずみずほ銀行の場合、変動での基準金利は2.875パーセント、3年固定で3.50パーセント、5年固定で3.65パーセント、10年固定で3.80パーセント、全期間固定は2.91パーセントとなっています。優遇金利は変動で1.875パーセント、3年固定で2.50パーセント、5年固定で2.65パーセント、10年固定は2.80パーセントとなっており、全期間固定では設定がありません。

 

次に三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行の場合は、基準金利の変動と3年固定はみずほ銀行と同じで、5年固定がそれぞれ3.70パーセント、10年固定が三井住友銀行と三菱UFJ銀行では3.95パーセント、りそな銀行では3.85パーセントとなっています。全期間固定は三井住友銀行に3.09パーセントと設定があるだけで、三菱東京UFJ銀行とりそな銀行にはありません。優遇金利の場合は、三井住友銀行とりそな銀行の変動と3年固定がみずほ銀行と同じで、5年固定はそれぞれ2.70パーセント、10年固定は三井住友銀行の場合2.95パーセントでりそな銀行では2.85パーセントとなっています。三菱東京UFJ銀行の場合は、変動が1.675パーセント、3年固定は2.30パーセント、5年固定は2.50パーセント、10年固定では2.75パーセントになります。全期間固定はどの金融機関にもありません。

 

住宅ローンを決める際は付加サービスよりも諸手数料、諸手数料よりも金利といった具合に優先順位をつけて選ぶ様にし、金融機関を絞り込みます。

 

金融機関ごとにどんなメリットがあるのか情報を集め、よく把握したうえで最終的に決められるようにします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市