家作りの第一歩はココから!

火災保険

マイホームを購入する際、住宅ローンを利用すると強制的に火災保険に加入する事となります。火災保険はどういったものなのでしょうか。

 

マイホームが火事になった場合、火災保険に入っていなければ何も保障はなく、例え貰い火であっても相手に対しての補償もありません。マイホームは火災保険に加入して自分で守るほかないのです。

 

火災保険は持ち家なのか賃貸住まいなのかによって、保険の契約目的が異なります。持ち家の場合、建物と家財が保険の目的になり、賃貸で大家の場合は建物、賃借人の場合は家財が目的となります。マンションの共同住宅を所有している場合は、専有部分は所有者が火災保険契約をし、共有部分は管理組合が契約をします。

 

火災保険にも様々な種類がありますが、どれも保険の対象は建物と家財です。主な保険の対象範囲は火災、落雷、爆発、風災、雪災、ひょう災などで、水害や地震、津波、噴火や盗難は対象外となります。特殊な補償例として、隣家でガス爆発があり建物の壁が壊れた場合や台風などの風で屋根が壊れた場合などごくまれな例も対象になる事があります。

 

火災保険料はマイホームの場所や建物の構造、補償期間で異なりますが、補償の範囲や内容が広いほど保険料は高くなります。保険契約期間は5年、10年、30年といった長期間も可能となっており、長く期間で契約したほうが月々の保険料は割安になります。

 

加入する場合は、どういった内容の火災保険なのかを十分確認して契約する事が大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市