家作りの第一歩はココから!

地震保険

火災保険の特約として地震保険があります。地震保険はどういったものなのでしょうか。

 

まず地震保険とは建物や家財が地震、噴火、津波による損害を受けた際に補償される保険を言います。対象となるのは地震の揺れにより建物や家財が壊れた場合、地震が原因の火災により建物や家財が焼けた場合、地震が原因の地滑りなどで建物が壊れたり埋まった場合、噴火の爆風や溶岩などにより建物や家財が焼けたり壊れた場合などです。これらの損害は、火災保険に加入しているだけでは保険金を支払う対象にはなりません。地震保険はあくまでも火災保険の特約なので地震保険だけで加入する事も出来ないのです。火災保険に加入する際、地震保険にも加入するかどうかを決めます。

 

また地震保険には建物と家財にそれぞれ補償の上限が決まっており、高額な火災保険に加入していても建物の損害は5000万円、家財の損害は1000万円が上限となっています。地震保険契約出来る金額は、加入している火災保険金額の30〜50パーセントと法律で決まっており、この範囲内でしたら加入者が自由に設定出来ます。

 

損害の程度は全壊、半壊、一部損害と分けられており、どのくらいの損害かによって保険金の割合が変わってくる事になります。

 

全壊は建物の場合、基礎や柱、はりなどの損害が50パーセント以上の時もしくは流出や焼失が延床面積の70パーセント以上の時を言います。家財の場合は損害が80パーセント以上の時を言います。この場合の保険金の割合は上限に基づきますが、契約金額の100パーセントとなっています。

 

半壊は建物の場合、基礎や柱、はりなどの損害が20パーセント以上50パーセント未満もしくは流出や焼失が延床面積の20パーセント以上70パーセント未満の時を言います。家財の場合は損害が30パーセント以上80パーセント未満です。保険金の割合は契約金額の50パーセントとなっています。

 

一部損害の建物の場合、基礎や柱、はりなどの損害が3パーセント以上20パーセント未満もしくは地震が原因の水災で床上浸水になった時や地面から45センチを超えた浸水があった時、全壊・半壊にならなかった時を言います。家財の場合は損害が10パーセント以上30パーセント未満となります。保険金の割合は契約金額の5パーセントです。

 

この地震保険の保険料は建物の構造や所在地などで変わってきますが、基礎料率−割引率×長期係数=実際の保険料となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市