家作りの第一歩はココから!

保有時の税金

マイホームは購入時だけでなく、保有してからも税金がかかります。

 

まず毎年1回課税される税金として、固定資産税と都市計画税があります。

 

固定資産税は固定資産の価格を元に算定し、所在のある市町村に納める地方税の税金です。毎年1月1日に土地や家屋の所有者に対して課税されるもので、税率は固定資産税評価額と言われる課税標準×1.4パーセントとなっています。納税者は一括か分納かを選べ、分納の場合は年4回の納税となります。また新築建物と住宅用地には軽減措置があり、新築建物の場合の対象住宅は、居住部分が建物全体面積の2分の1以上あり、120平方メートルまでの部分は一般住宅で3年間、3階建以上で耐火構造もしくは準耐火構造の建物に5年間税額が2分の1になります。ただしこれには、土地の建物床面積の10倍が上限と決まっています。住宅用地の場合は小規模住宅用地と言われる200平方メートル以下に対して、課税標準額が6分の1になり、200平方メートルを超える場合は一般住宅用地と言われ、課税標準額は3分の1になります。

 

次に都市計画税ですがこちらも市町村に納める地方税で、都市計画区域内にある1月1日現在の土地や建物の所有者に課税されるものです。税額は課税標準×0.3パーセントで、固定資産税と併せて一括で納税するものです。こちらも住宅用地の場合に軽減措置があり、小規模住宅用地は課税標準額が3分の1になり、一般住宅用地は課税標準額が3分の2になります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市