家作りの第一歩はココから!

重要事項説明書

一戸建てやマンションを購入する場合には、売買契約をする前に重要事項の説明を受けると宅地建物取引法で決められています。

 

重要事項の説明とは、宅地建物取引主任者が物件と取引について書面にて説明する事です。宅地建物取引主任者は必ず宅地建物主任者証を提示しなければならず、この宅地建物主任者証を持っていない人が説明した場合は違反行為となります。

 

重要事項説明書でチェックするポイントはまず物件に関する項目として、不動産の表示で所在や地番、地目、家屋番号、土地、建物の面積があるかどうかを確認します。次に契約に関する項目として売主の表示です。これは売主の住所、氏名などで、真の売主かどうかを確認出来る書類を求める事が出来ます。他には登記簿に記載された事項があるかどうか、法令に基づく制限として建築基準法や都市計画法の制限はどうか、敷地と道路の関係、私道負担に関する事項、水・ガス・電気・排水施設の説明、共有部分・専有部分に関する事項、専有使用権・管理に関する事項、売買代金とそれ以外に授受される金銭、契約解除に関する事項、違約金に関する事項、ローンに関する事項などです。

 

そしてこれら重要事項の説明書には、宅地建物取引主任者の記名押印は必要となっています。重要事項説明書は売買契約当日に初めて見る場合が多いため聞きなれない言葉や規則に戸惑いがちですが、十分に納得するまで説明を求める事が出来ます。重要事項の説明を受けた後この重要事項説明書への記名押印をしますが、それだけでは売買契約は成立していないので契約を急がない事も重要です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市