家作りの第一歩はココから!

注文住宅と建売住宅

一戸建てと言っても、注文住宅と建売住宅の種類があります。違いや特徴を知っておくと選ぶ際の参考になります。

 

まず注文住宅というのは、何もないまっさらな土地に建て主が好みの住宅を注文して建てる住宅を言います。既に土地のある場合、一般的には今ある建物の老朽化に伴う建て替えや二世帯住宅への建て替えが多く見られます。いずれにしても住宅展示場などを訪れて、概算見積もりなどを確認する必要があります。土地の形状や場所によって制約条件があるので、間取りや仕様の優先順位を予めつけておくといいでしょう。またハウスメーカーなどによって基本プランなどが異なってきますので、工事見積書と併せてよく確認する必要があります。

 

注文住宅でも土地がまだない場合、まずは土地を探す所から始めます。土地探しは重要で、希望の地域の不動産やハウスメーカーに依頼して予算に合わせて探します。候補の土地が見つからない場合、建売建築条件付き住宅も候補に入れて探してみる事をお勧めします。また土地購入と建築費両方の資金になるので、住宅ローンの借り入れ計画の検討も必要になってきます。

 

次に建売住宅ですが、建売建築条件付き住宅があります。これはハウスメーカーなどが決まった土地分譲に、建物条件付きの住宅を建てる事を前提とした販売方法の住宅です。まずは分譲地の売買契約を締結した後、予め決められた期間内に指定された建築会社と工事請負契約を締結する一戸建てを言います。気に行った土地が見つかれば大体の建築費の目安が分かるので、資金計画は立てやすいという特徴があります。分譲建売住宅を希望していても、建物について自分の希望を反映させたい人などに向いています。

 

もうひとつ建売住宅では、既に建物が完成しているか建築中の建売住宅があります。これはすでに間取りや仕様も決まっているので、希望の物件を探す方法で決められるシンプルな方法です。段取りも新聞折り込みなどから、周辺環境や間取りなどの情報も入手できますので、あれこれ探し回る手間が省けるメリットがあります。中でも団塊ジュニア世代やジュニアネクスト世代が、注文住宅をしのぐ勢いでこの建売住宅の需要を押し上げています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市