家作りの第一歩はココから!

権利証と登記識別情報

登記所にて不動産登記を行った後、登記所から登記識別情報通知書と登記完了証が交付されます。

 

登記識別情報というのは、登記の申請がされた登記名義人にその登記に係る物件や登記内容とともに登記所から通知される情報の事です。登記名義人ごとに12ケタの数字と符号を組み合わせたものが定められます。この登記識別情報は本人確認をするひとつの手段であり、登記完了時にのみ通知されるもので原則的に再発行は認められません。書面申請の場合は通知書の登記識別情報を記載した部分に目隠しシールを貼り、登記所の窓口にて本人確認をした上で通知する方法をとっています。オンライン申請の場合は申請人専用の公開鍵を使用して、登記識別情報を暗号化したものをダウンロードする形で通知する方法になります。通知されたら第三者に見られない様に、金庫等で保管する方法が望ましいでしょう。それでももし登記識別情報が第三者に見られてしまった場合、不正な登記申請に使用されない様に登記名義人は登記官に対して、登記識別情報の失効申し出をする事が出来ます。オンライン申請の場合は登記識別情報と電子署名、電子証明書を併せてのニ重本人確認をとっていますし、書面申請でも登記識別情報と印鑑、印鑑証明書を提出する事になっていますから、第三者に見られても勝手に登記されてしまう危険性は薄いと言えるでしょう。

 

もうひとつの登記完了証とは、登記が完了した事を登記所から登記名義人に交付するものです。以前は登記済証と言われる権利証を発行し登記手続き時の本人確認手段としていましたが、書面のままではオンライン申請と両立出来ないため、オンライン申請でも利用可能な本人確認手段の登記識別情報を導入し廃止される事になりました。権利証は登記識別情報の導入後も、書面申請時の添付書面としてこれまで通り登記申請の際利用する事が出来ます。

 

この様な登記識別情報通知書と登記完了証は大切に保管し、不動産を売却し所有権移転登記を行う場合や抵当権の設定を行う場合などに必要となります。

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市