家作りの第一歩はココから!

売買契約後の契約解除

不動産の売買契約を締結した後、契約を解除する事は出来るのでしょうか。

 

売買契約書には、売主と買主は期日内であれば買主は手付金を放棄して契約を解除でき、売主は手付金を返還しそれ同等の金額を買主に支払う事で契約を解除できるとあります。

 

売買契約を締結するという事は、自己責任において不動産売買という大きな取引を行う事で、売主・買主双方の信頼関係で成り立つ約束であると言えます。

 

契約を締結した後、一方の都合で契約を解除する事は簡単には出来ませんが、手付解除、契約違反による解除、特約による解除、瑕疵担保責任による解除、合意による解除など種類によっては契約が解除出来ます。

 

まず手付解除ですが、買主の都合で契約を解除した場合に支払った手付金を放棄する事により解除が可能になり、反対に売主の都合で契約を解除する場合は買主からの手付金を返還し、それと同額を買主に支払います。これを買主は手付放棄と売主は手付倍返しと言います。

 

次に契約違反による解除ですが、この場合は売主・買主のどちらかが契約に違反した際に違約金を支払う事で契約が解除される事です。売買契約だけでなく、一般的に行われているものです。

 

特約による解除は、ローン特約の場合に買主が住宅ローンを受けられなかった際、無条件で買主は契約を解除する事が出来ます。

 

瑕疵担保責任による解除は、物件自体に契約の目的が達せられないほどの重大な瑕疵があった場合に、無条件で買主は契約を解除出来ます。物件購入者を守る契約解除方法です。

 

合意による解除とは、売主・買主双方の合意に基づいた条件で契約を解除出来るものです。

 

この様に種類によっては解除出来る場合もありますが、契約に定めがない事項は民法などに従って協議をした上で決められるので、契約後のトラブルにならない様に重要な契約条件は明確にしておく必要があるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市