家作りの第一歩はココから!

紹介手数料と仲介手数料

マイホームを購入する際、売買を売主・買主が直接取引するのではなく、その間に不動産業者が入る事を仲介もしくは媒介と言い、その不動産業者に支払うお金を仲介手数料と言います。紹介手数料も仲介手数料と同じ意味を持ちます。

 

不動産の仲介が出来るのは、宅建免許を持った宅建業者のみとなります。宅建免許を持たない不動産業者が不動産取引の際仲介手数料を請求する事は、宅建業法による法律違反となります。受け取れる手数料の上限も、この宅建業法により決められています。

 

仲介手数料の上限は、売買価格が200万円以下の場合は売買価格の5パーセント+消費税、200万円超〜400万円以下の場合には売買価格の4パーセント+2万円+消費税、400万円超の場合は売買価格の3パーセント+6万円+消費税となっています。例えばこの計算式で1500万円の中古住宅を購入した場合、1500万円×3パーセント+63000円=535500円が仲介手数料となる訳です。想像よりも大きな金額になるため、住宅資金とは別に用意する必要がある事を考えておかなければなりません。

 

不動産業者はこの様な仲介手数料を報酬として貰うため、売買契約が成立する様に誠実に物件情報を提供する義務を負い、その物件の重要事項をきちんと買主に説明するのです。売買契約とは別に、不動産業者と仲介契約もしくは媒介契約を結ぶ事で仲介手数料は支払われます。書面による契約書が作成され、ここでも確認後署名押印して契約が成立します。

 

例えば売買契約の解除をした場合、この仲介手数料はどうなるのでしょう。売主・買主の間で売買契約が解除された時は、仲介者である不動産業者には責任がないため仲介手数料の返還はありません。物件の説明が不十分だったなど明らかに不動産業者の落ち度が認められた場合には、買主が売買契約を解除し不動産業者に仲介手数料の返還を求める事が出来ます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市