家作りの第一歩はココから!

目的と優先順位

物件を選ぶ際、ポイントとなるのはどういった事なのでしょう。

 

まずはマイホームを購入する目的を明確にする必要があります。

 

マイホームを購入する年齢によって、マイホームに対する要望は異なってきます。マイホームを購入する人は、社会人である程度仕事を続けてきて、頭金になる様な貯蓄がある人が大半でしょう。今後のライフプランから、子供の教育環境や通勤の利便さ、二世帯住宅、セカンドライフなど目的によって選ぶ形態も異なってきます。

 

マイホームには様々な形態があり、一戸建てとマンションに大きく分けられます。

 

一戸建ての場合、新築一戸建てと中古一戸建てに分けられ、その中でも新築一戸建ての場合は注文住宅、建売住宅、建築条件付き住宅に分けられます。注文住宅と建売住宅は一般的な注文住宅の他に、フリープランもあります。

 

マンションの場合は、新築マンションと中古マンションに分けられます。

 

物件のチェック項目として挙げられるのは、交通量の多さや騒音・排気ガスの問題、上下水道やガスのライフプランの整備、隣家との距離、日当たりや風の通りなどがあり、注意する場所として水田だった所や近くに沼地やため池がある場合は、地盤沈下や湿気が異常に多い事が考えられます。周辺環境を調べる事も重要であると言えるでしょう。

 

年代別にマイホームを購入する例として、20代の場合は住宅ローンの返済期間は余裕があるため、比較的マイホーム購入での制約は受けにくいという特徴があげられます。

 

30代の場合、子供がいる人が多いと考えられるので、子供の教育資金と住宅ローンを合わせた大きな支出を考える必要があります。

 

40代の場合、長期の住宅ローンを組む事が難しくなってくる年代なので、老後資金なども考え晩年期の返済を慎重に考える必要があります。

 

この様にそれぞれ年代によってマイホーム購入の目的や優先順位が異なってきますが、短期間の返済だけを考えるのではなく、長期的な視点でマイホーム購入を考える事が大切でしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市