家作りの第一歩はココから!

物件の情報収集

物件選びの際、必要な事は物件の情報を得る事です。物件情報の見方と注意点はあるのでしょうか。

 

まずマイホーム購入を考え始めた時、新聞の折り込みチラシやインターネット、住宅情報誌などを元に物件情報を得ます。

 

新聞の折り込みチラシで情報を収集した場合、複数の折り込みチラシを見て比較する事が出来るというメリットの他、近い地域の物件情報を得られる事も挙げられます。ただしキャッチコピーなどに、使ってはいけない言葉を使っているチラシには注意が必要です。

 

次にインターネットを利用した場合は、自分の好きな時間に好きなだけ情報を収集出来る事や問い合わせや資料請求が簡単に行えるなど、豊富なメリットが挙げられます。欠かせない情報ツールとして利用出来る反面、情報が更新されていない場合は古い情報を見ている事になりますので注意しながら見る必要があります。

 

住宅情報誌の場合はインターネットや折り込みチラシと比べると情報が少し古い事もありますが、掲載されている情報の数が多い事や情報が整理されていて見やすいといった特徴があります。

 

この様に様々な方法を使って物件情報は収集出来ますが、それぞれの情報元の注意点も踏まえて収集する事が大切でしょう。

 

物件情報には不動産やハウスメーカーなどが提供する情報が掲載されており、不動産の広告表示には規制があります。この規制をしている法律は、宅地建物取引業法と不当景品及び不当表示防止法です。この他に不動産業界でも不動産の表示に関する公正競争規約が設けられており、これに参加している不動産会社の場合、広告に不動産公正取引協議会加盟という表記がされています。

 

この不動産公正取引協議会に加盟している不動産会社が出す広告には、物件概要を表記する事が義務付けられています。新築の一戸建てやマンションには交通や建ぺい率・容積率、接面道路、都市計画区域、入居可能予定月日、権利、取引形態、建築確認番号などの物件概要が表記されます。中古の一戸建てやマンションには、新築物件ほど表記項目は多くはありませんが表記されています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市