家作りの第一歩はココから!

新築戸建ての基礎知識

一戸建てには注文住宅と建売住宅がありますが、そのどちらの一戸建てにも工法があります。工法は主に3つあり、木造軸組工法、2×4(ツーバイフォー)工法、プレハブ工法に分けられます。

 

木造軸組工法は昔からある伝統的な工法で、木材の柱や梁などを縦軸横軸に組み合わせて軸組を作り、筋交いと言われる木質の軸材を用いる最もオーソドックスな工法です。

 

この工法は設計が自由なため、将来リフォームを行う場合に自由なリフォームが可能という特徴があります。また木材の柱や梁を使うので化学物質の接着剤などの利用頻度が低い分、シックハウスなどのアレルギー反応が出る可能性が少ない事も挙げられます。

 

反対に木造であるがゆえ、火災や湿気、シロアリなどには弱い事も否めません。

 

2×4(ツーバイフォー)工法は欧米で行われている工法で、板状のパネルを組み合わせて壁や床、天井を面で支える建築工法です。木材で組まれた枠組みに構造用合板を付けたもので、枠材の断面が2インチ×4インチという事から2×4(ツーバイフォー)の名称が付いています。

 

この工法は断熱性や気密性に優れているうえ、耐火性や耐震性にも優れている特徴があります。また規格化された材料を利用する工法なので、建築する会社の技術性のばらつきは木造軸組工法と比べると少なくもなります。

 

そして木造軸組工法ほど自由に設計が出来ないので、リフォームの際は間取りの変更に制限があります。

 

プレハブ工法は工場で住宅の材料を作成し、現場で組み立てるといった建築工法です。現場で組み立てるだけなので、住宅を建てる期間が木造軸組工法と比べて短くなる特徴があります。またこの工法は、木造系プレハブ工法と鉄骨系プレハブ工法、コンクリート系プレハブ工法、ユニット系プレハブ工法の種類があります。

 

このプレハブ工法は耐震性、耐火性が強いのですが、リフォームを行う場合大きな窓などを付ける時は強度に不安が出るため、補強工事を行う必要もあります。

 

工法は他にも鉄骨造や鉄筋コンクリート造の工法がありますが、9割以上の一戸建てに上記の3つの工法で造られているのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市