家作りの第一歩はココから!

住宅ローン金利

これから住宅ローンを組もうと考えている方、いらっしゃるかもしれませんね。ローンを組むということは、これから先30年前後は支払っていうことになりますから慎重になりますよね。

 

では、住宅ローンには3つのタイプがあるのはご存知でしょうか。変動金利型、一定期間固定型金利、固定金利というものがあります。

 

まずは、変動金利型についてご紹介しましょう。こちらは、基準金利が毎年4月と10月に見直しを行うというタイプになります。新しい金融金利などを見直し、基準金利を元に変更されることになります。新しい金利や時期などは、ご利用の金融機関によって異なってきますので確認は必要となります。また、支払スタートから約5年間は返済額は変わらないという特徴があります。

 

そして、一定期間固定型金利。こちらは、一定期間の特約を結ぶことになります。そのため、特約期間内は、金利を固定されることになります。金融機関によっても異なりますが、固定期間は2年、3年、5年、10年、20年などとなっています。

 

また、完全固定金利とは、借りる際に決められた金利を返済終了時まで変更しないというもの。この固定金利は、他のタイプと比べると高い金利設定になっているものがほとんどとなります。しかし、金利が上昇することがあっても変更されないため、計画は立てやすいといえるかもしれません。

 

このように、住宅ローンを組む際の金利には様々なタイプがあるということになります。どういったタイプが、自分にとって向いているのか検討する必要がありますね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市