家作りの第一歩はココから!

土地選びはどうすればいい?

一戸建てを購入する際に、まずチェックするポイントとして、一戸建て住宅を建てる土地が重要です。もちろん、広ければ広いほどいいのは間違いのないことですが、それだと一戸建て住宅を建てる前に土地の購入資金のほうが高くついてしまいます。特に都会では土地の坪単価が高いですから、庭に池や木々が並んでいるような広大な土地は、一般人が購入するのはほとんど難しいでしょう。

 

そのため都会では、一戸建て住宅よりも分譲マンションを購入する人が多いのですが、狭くてもいので一戸建て住宅が欲しいという人は、狭い土地にでも建てられる狭小住宅も人気が出てきています。狭小住宅もれっきとした一戸建て住宅ですから、どうしても一戸建てにこだわっている人はいいかもしれません。

 

まず、土地を見る時には、このくらいの広さなら、どのような家にしたらいいのか、または狭小住宅のようにすればいいのかなど、いろいろと構想を練ってみることです。

 

また、土地の問題としては地盤の固さも大きな条件の一つです。その土地の地盤や柔らかいと、ちょっとした振動でも揺れてしまいます。先の東日本大震災でも地盤の柔らかい地域では、道路の陥没や、家屋の全壊・半壊が多く発生していたのです。もちろん、一戸建てを購入する際には、地盤調査も行われますが、その調査をする前から、実際に住んでいる人たちに聞けば地盤がどうか知ることもできるでしょう。地盤が強いところに一戸建てを建てれば、地震などの時には被害を最小限に収めることができるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市