家作りの第一歩はココから!

費用はどれくらい?

一戸建てを購入する場合、中古でも建て売りでも、もしくは注文住宅でも、業者を選ぶポイントとしてはやはり費用の面があります。もちろん、同じ一戸建てを購入する場合は、いくらでも安い方がいいに決まっています。建物の購入費用が安く済めば、その他の部分にお金を回すこともできますし、第一借り入れする金額も少なくて済みます。

 

ただ、費用の面で比較する場合、安ければ安いほどいいというわけではありません。安ければそれなりの原因があるはずなのです。設備が整っていない一戸建てだったり、古い物件、欠陥住宅という可能性だって否定できません。もしかすると、いわくつき物件ということもあります。中古一戸建てを購入する場合には特にこういった面を注意しなければいけないでしょう。

 

安くても、その理由が明確であれば問題ないかと思います。たとえば、売り主の方が、どうしてもすぐに買い手を探したくて安くしている、問題はないが年式が古いためというようなことです。比較的新しいのに、他の物件よりも極端に安いというのは注意が必要です。

 

また、一戸建てを建てるという場合は、ハウスメーカーや建築会社に依頼することとなるでしょう。その場合、大抵は坪単価で計算されます。坪単価30万円で50坪の家を建てるなら1,500万円というわけです。業者によっては坪単価がはるかに安く設定されているところもあります。もちろん合計金額は安く済みますが、その分付帯費用が含まれていないケースも多く、それらを含めると、結局同等、もしかするとそれ以上の費用がかかる場合もあるのです。坪単価でみるより、総工事費で比較してみるといいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市