家作りの第一歩はココから!

建て売り住宅

一戸建てを購入するといっても、その種類はいくつかあります。その一つが建て売り一戸建て住宅です。

 

建て売りの場合は、基本的にすでに完成している状態で購入する一戸建て住宅です。もちろん新築ですので、誰かが済んだ家に住むという訳ではありません。また、場合によっては、まだ完成していない建て売り住宅もあります。ただ、完成していなくても、すでに住宅の建築確認申請が済んで、審査済みですから、そこから自分の好みに変更するということはできません。

 

建て売り住宅の場合、ほとんどが一度に多くの分譲住宅を建てますから、資材や設計などいろいろなコストを削減することが出来ます。また購入する人の意向を聞くわけでもありませんから、そのためにかかる手間やロスも少なくなります。したがって、建て売り住宅は注文住宅よりも比較的安く購入できます。それほど家の広さ、間取り、デザインなどにこだわりがないという人は建て売り住宅の方がいいかもしれません。また、その他のメリットとしては、すでに建てられている一戸建てを購入するのですから、注文住宅のように建ててからイメージが違った、なんてこともありません。もしも、実際に見学をして、狭い、デザインが嫌だ、機能面が不満、ということがあれば、購入しなければいいだけの話です。また、購入費用が明確なのも建て売り一戸建てのメリットでしょう。

 

ただ、デメリットとして、自分が気に入った住宅、希望通りの住宅はなかなか見つけられません。また立地条件も自分で選ぶこともできません。そして、将来に向けて、もし増築したいと思っても、それに備えた設計もできないというデメリットもあります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市