家作りの第一歩はココから!

建物の大きさはどうする?

一戸建てを購入するという場合、何もさら地のところに新しく家を建てるだけというわけではありません。中古の一戸建てもあれば、建売住宅の一戸建てもあります。それらを比べる時、大切なのは建売住宅の大きさでしょう。たとえ安くても、建物の大きさによっては、家族全員が住むのに大きすぎたり、逆に狭すぎて勉強ができないということは内容にしなければいけません。

 

そのためには、その建物をしっかり見ておくことが重要でしょう。家族が多いのにもかかわらず土地が狭い一戸建て住宅であったり、逆に家族が少ないのに部屋数が多すぎてしまうこともあるのです。まずは、自分の家族がどれだけいるのかをしっかり確認し、万が一もっと増えるような状態なら少し部屋数が多い物件にしたほうがいいでしょう。

 

もしも都会にある一戸建ての住宅だとすると、それほど広い敷地があるということは難しいでしょう。たいていはマンションまたは狭小住宅にするしかないでしょう。ただ、建物はできるだけ高く建ててほしいという人が増えていますが、そうそういるものではないですか、ところのいけるわけではありません。

 

また、中古の一戸建て住宅を購入する場合には、その建物の大きさは大きいかも知れませんが、いろいろ欠陥が出てきてしまう可能性があるのです。また新築一戸建ての場合も、あまり大きな建物に指定してしまうと、土地からはみ出てしまってやり直しというケースもあるのです。まずは大きすぎず狭すぎない建物が最適です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市