家作りの第一歩はココから!

建築費用

一戸建てを建てる場合、一番かかる費用が建築費用です。建築費用といっても、細かく分けると本体工事費用、別途工事費用、その他の諸経費などに分けられます。

 

本体工事費用というのは、その名の通り、一戸建て自体を建てる費用になります。この費用が全体の総工事費の80%前後かかることになります。まずは家に使う木材、壁材などの材料費がかかります。これはそれほど大きな費用ではありません。まずは基礎工事として家を支える基礎を作る費用です。その他に屋根の工事、外装工事、塗装、内装工事、電気工事、排水衛生設備工事、ガス工事、などそれぞれ業者が異なる工事もあります。たいていの場合は建築業者やハウスメーカーが依頼してその業者が時期に合わせてやってくるだけですから、本人が特別何かするわけではありません。また、実際の家の工事とは若干異なりますが、仮設工事も費用に含まれます。例えば、家を建てるための足場を組む費用、工事業者が使うトイレが無ければ、それの設置費用、仮住まいが必要になれば、仮設住宅を建てる人もいます。そういった費用も工事費用に含まれるでしょう。

 

ただ、注意しなければいけないのが業者の見積もりを取った場合です。見積もりの中に工事にかかる費用がすべて含まれている業者もあれば、電気配線や内装工事は別料金とされているところもあります。安いと思って契約したところ、結果的にその費用が別徴収されるということもあります。そのため、しっかりと細かなところまでチェックしてみるといいでしょう。

 

別途工事費用とは、庭の工事、カーポートの設置などがその費用に含まれます。この費用も坪単価に含まれている業者もあれば、別料金というところもあります。建てたところ、一戸建て住宅のみができあがり、庭は手つかずというケースもあるようです。その点も注意して契約をすることです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市