家作りの第一歩はココから!

住宅ローンの金利

一戸建て住宅を購入する場合には、中古住宅でも高額になる事は必至でしょう。そのため、大抵の人は住宅ローンを組んで購入する事でしょう。

 

住宅ローンで検討すべきポイントが金利です。金利は融資を受けた金額に対しての利息ということになりますので、融資金額が高ければ高いほど、多く利息を支払うことになります。

 

一般的に、金利には変動金利と固定金利に分けられます。変動金利とは、その年の経済情勢に合わせて、金利が変動していくというタイプです。例えば、融資を受けた時には1%だった金利が20年後には倍の2%になっているということもありえるのです。その逆にパターンで金利が安くなるということもあります。固定金利というのは、融資を受けた時と同じ金利で支払うというタイプです。経済情勢に左右されることがないので、金利上昇があっても安心できます。固定金利で有名なものにはフラット35などがあります。

 

一般的に住宅ローンの金利は、10年固定、5年固定というものがほとんどです。それは融資を受けてから10年間は金利は固定ですが、それ以降は変動金利になるというタイプです。変動金利と固定金利、どちらがいいのかというのは一概には言えません。それは経済情勢がどうなるかは誰もが読めないからです。結果的に変動金利のほうがよかった、固定金利の方が良かったというのはわからないのです。ただ、今は長く続く不況の為に住宅ローンは底だと言われています。そのため、これ以上下がるということは考えられないようです。かといってすぐに急上昇するということも考えられないでしょう。そのため短期間なら変動金利の方が金利が安く済むかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市