家作りの第一歩はココから!

住宅ローンの審査

住宅ローンを組む場合、一番ネックとなるのが審査が通るかどうかという点でしょう。審査が通らなければ、融資を受けることができませんから一戸建て住宅を購入することが出来ません。

 

審査方法は、その金融機関によって審査基準は異なりますが、勤務年数・勤務先・職業・年収・住居形態・家族形態・健康状態・貯金額などいろいろなポイントがあります。

 

まず重視される点は、職業・収入の面です。金融機関はボランティアではありませんから、融資をして利息を含めた金額を返済してもらわなければいけません。そのためしっかり返済できる能力があるのかという点を審査するのです。それは職業によっても審査の通りやすさが違います。もっとも審査が通りやすいのは高収入・・・と言いたいところですが、実は高収入ということよりも安定収入の方が審査が通りやすいのです。公務員などのようなリストラがない職業の場合には、よほどのことがない限り職を失うということがありませんので、しっかり返済できるでしょう。逆に自営業で高収入の人は、景気が悪くなれば返済できなくなる可能性があるのです。そのため、安定収入がある人ほど審査が通りやすいです。そして、勤続年数も重視されます。長年勤務していれば、やめてしまうということはあまり考えられません。ですが、まだ1年くらいしか勤務してなければ、すぐに辞める可能性もあり、逆にクビになるリスクもあります。

 

収入が多くても、不要する家族が多ければ、住宅ローンに回せる費用が少なくなります。そのため扶養家族が少なく、夫婦共働きとなれば、住宅ローンの審査は通りやすいでしょう。もし一戸建てを購入するなら、夫婦二人で生活しているうちに審査を受けた方がいいでしょう。もし両親の面倒を見たり、子供が増えれば、審査は通りにくくなります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市