家作りの第一歩はココから!

住宅ローンの諸経費

住宅ローンを申し込む場合、いろいろと諸経費がかかってしまいます。よく、金利ばかりに目がいきがちですが、この諸経費もしっかり頭に入れておかなければいけません。

 

まず大きいものでは、住宅ローン保証料があります。これは万が一融資を受けた人が返済不能となった場合に、その代わりに保証会社が支払うことになります。そのために保証会社に依頼するための費用となります。一般的に、2,000万円程度の住宅ローンの融資を受けた場合には、40万円位支払わなければいけません。この保証料の支払いは、外枠方式と金利上乗せ方式があります。上記のケースなら、住宅ローンの融資を受けた場合に一括で40万円を支払うのが外枠方式です。もしその金額が用意できないという人は金利上乗せ方式もあります。金利上乗せの場合には、その分を毎月の金利に含めてしまうという方法になります。

 

その他の諸経費としては、万が一加入者が死亡または高度障害状態になった場合に保険金でローンの残金を返済するという団体信用生命保険料があります。これは大抵の場合は0.3%程度金利に上乗せされます。

 

その他に金融機関との金銭消費貸借契約書を交わす際の印紙代が500〜1,000万円以下で1万円、1,000万円〜5,000万円で2万円ほどかかります。また融資事務手数料、抵当権設定登記費用などもかかります。そして今は住宅ローンを組む場合には火災保険も義務化となっています。

 

このように、諸経費だけでもかなりの金額がかかります。そのため、一戸建て住宅を購入する際には、100万円位は資金を準備しておく必要があるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市