家作りの第一歩はココから!

資金繰りはどうする?

家を建てる、もしくは家を購入する場合、ほとんどの人が金融機関から融資を受けることになるでしょう。その資金繰りが重要なポイントになるでしょう。極端な話、資金繰りがうまくいかない、融資が受けられないということになれば一戸建てを購入することすらできなくなりますし、十分な資金を借りることが出来なければ、購入する家の規模、土地が限られてきてしまいます。

 

まず、どれくらいの金額まで融資が可能かを確認しておく必要があります。

 

融資金額は、その人の職業、年収、年齢によっても大きく変わってきます。安定収入が確約されている職業、例えば公務員や医師、弁護士などは安定した収入がありますから、それほど高所得でなくても融資が受けられる可能性があります。

 

また、年収は高ければ高い方がいいのですが、月の支払金額が月収の3分の1以内であれば融資を受けられる可能性があります。月の支払金額が多くなってしまえば、融資を断られる可能性はありますが、その場合でも支払期間を長くすれば、融資してくれるかも知れません。

 

年齢は、支払い終わる時期まで働いているということが最低条件となるでしょう。

 

資金繰りは、自分でいろいろ考えるよりも、まずは金融機関に相談をするのが先決です。金融機関に相談すれば、条件に満たされていなくても、担保物件をつけたり保証人をつけたりすれば審査が通る可能性があります。またひとつの金融機関で断られても、他の金融機関ではOKになる可能性もありますから、諦めずに交渉してみるのが一番です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市