二世帯住宅

高齢化社会と経済不況が毎年のように改善が見られない中で、二世帯住宅という居住スタイルが今注目を浴びています。

 

二世帯住宅は子供の世帯が結婚をし、親の世帯と一緒に同じ屋根の下で暮らすことをいいます。

 

二世帯住宅の大きなメリットは経済不況の中で夫婦が共に働きに出ることが可能なように親世帯に育児や家事を分担できる点があります。

 

一緒に暮らすことで土地代など一人にかかる負担金額は安くなり生活レベルも大きく改善されます。しかし世代間の常識の違いや嫁と姑問題など必ずしも二世帯間が良好な関係であるとはいえません。

 

しかしながら経済的な負担の軽減や育児や家事の援助は現代において必須ともいえる社会状況であり、それら二世帯住宅における問題を解決するために二世帯住宅としての建築でした。

 

一階を段差の少ない両親が暮らせる居住空間とし、二階を夫婦が住める居住空間とすることで互いに必要なときにすぐに助けあえ、日常的な接触による無駄な紛争を回避しています。この住宅の特徴は玄関が二つあることです。一階に通常のようにある玄関と二階に直接入れる玄関が設けられています。風呂だけが同じでリビングなどは別といったスタイルが現在の二世帯住宅の標準なスタイルとなっています。

 

これからは一階に玄関が二つあり、左右で区切られ繋がった二世帯住宅や地下を掘り込んだ災害対策用の二世帯住宅などが主流にとりかわろうとしています。

 

さまざまな税制上で世帯が1戸か2戸と判断される基準が構造や機能を踏まえ玄関の数などで変わり、これにより融資などにも影響を与えてきます。隣居の関係で大きくスタイルも変わりますので自分にあった住宅の選択が必要です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市